横浜バーめぐり Original Blog Version(Powered by Movable Type)
こちらのサイトは筆者による呑み歩きの記録であり、お店のOFFICIALなHPではありません。
横浜BARめぐり
横浜バーめぐり Original Blog Version(Powered by Movable Type)
こちらのサイトは筆者による呑み歩きの記録であり、お店のOFFICIALなHPではありません。
残念ながら閉店しました。
前の店
サザンクロス
SOUTHERN CROSS
次の店

2004年1月にオープンし、もう1年とは、月日の経つのは早いのね。。
関内の駅で降り、馬車道へ歩く。カサブランカの入っている第8スガビルの対面の1Fにあります。ドアを開けると髪を後ろで結わえた細身のマスターがにっこりと笑顔で迎えてくれる。元は野毛にあったモガモボで頑張っていた方で、モガモボはとなりのお店と合体したため閉店となり、昨年こちらにお店を構えた。
店に入るとやはりモガモボの匂いが残っている。箱の大きさ、天井やカウンターのレイアウト、バックバーの雰囲気。壁が白くなり、照明が少し明るくなったため、昔の秘密めいた雰囲気はなくなったが、明るく親しみやすいバーへと感じを変えているように思えた。マスターの酒へのこだわりっぷりはそのままで、ほんとうにそれで商売大丈夫なのか?と思わず心配になる。そういうところは全く変わっていない。カウンターに腰掛け、目を引いたのはエギュベルのリキュール達。エギュベルとはフランスの修道院で作られている酒で、「エギュベル・ジン」はそれなりにポピュラーかもしれないが、エギュベルってこんなにお酒の種類があったのか、、と素直に驚き、同時にその「無添加の酒」としての良さにこだわるマスターにまた驚きました。1杯目にビールをいただいたあと、エギュベルのゴールドラム、ホワイトラム、といただきました。どちらもラム特有の甘さは少なく、すっきりしてておいしかったです。どちらかと言えば私はホワイトの方が好きかな。
ま、そんなレアなお酒(と言っても決して高額ではない)を楽しむのも、バーで飲む楽しみ方の一つでしょうね。
ところでこちらのお店、マスターが手間隙掛けて酒を作るため、他のお店より確実に1杯のお酒が出てくるのに時間がかかります。これは、このお店の良いところでもあり、悪いところでもあるのですが。。よって座席は13ありますが、7、8人くらいがMAXだと思います。万一満席になるとオーダーが間に合わない心配があるので、あんまり団体でいかないことをお勧めしておきます。

行き方
横浜市中区相生町5-86-1-103
サービス料は
なし
チャージは
なし
カウンター席
13人
テーブル席
なし
MAP-LINK
[MAP]
コメント投稿
SOUTHERN CROSSのレポートに
トラックバックURL http://yokohama.barmeguri.com/mt/mt-tb.cgi/66