横浜バーめぐり Original Blog Version(Powered by Movable Type)
こちらのサイトは筆者による呑み歩きの記録であり、お店のOFFICIALなHPではありません。
横浜以外のBARめぐり
横浜周辺以外のバーの呑み歩きレポート。お店のオフィシャルなHPではありません。
前の店
JAZZ屋 武蔵小山店
次の店

元はスタンディングバーということで、結構狭っ苦しいスペースに最低限度のお酒の種類で最大限お客を楽しませるお店だ。なんだか自分の部屋(狭いんだなこれもまた)を見ているようで妙に落ち着く。 スペースを有効利用するためと、間接照明と(注1)無限バッフル(これはうそ)の効果を併せ持つスピーカーシステムが 斜め後方の天井の縁にその長い図体を横たえる。カウンターには椅子が5つあるが、立って飲めば問題無い。なんとか10人くらいは入れるよ。 店の中には5人以上の団体さんは状況によってはお断りするかもしれない旨の張り紙が。。 こちらのマスターはエンターテインメント性を兼ね備えたそれでいてやさしさのにじみ出る接客で、とても好印象です。 メニューは無いです。お客さんとのコミュニケーションを大切にしているからだとか。 カップルで来ても、できれば二人の世界に入るのは止めた方がいいと思います(余計なお世話?)。 それと、なんつっても安いぞ。マジで。本当にこんなに手間をかけて、この値段でいいの?というくらいの安さ。そうそう、すぐ横の扉はとなりのローズというスナックなので、間違えないようにね。 入り口はガラス扉になっていて、入り口らしくないが、そこから入って正解です。 注1:無限バッフルスピーカーボックスの前面の板のこと。これをバッフル板と呼ぶ。スピーカーからの音圧がスピーカー後部に回り込みロスすることを防ぐ。 平たく言えば、音が小さくならないようにするもの。無限バッフルとは、無限遠まで伸びた理想的なバッフル板のこと。現実には不可能なので、箱型で代用している。

狭いお店ですが、ご機嫌なスペース。二人の世界に入りたければ、TOP OF YOKOHAMA(新横浜)に行け!

読者からのご紹介。安いし旨い。
行き方
東急目蒲線武蔵小山駅から徒歩4分くらいか。

行き方
2002年10月15日 23:23 | 投稿者: だいすけ

★★★★★★★
私にとってはまさに”HOME”なバーです。マスターのS氏はお客様の好みを覚えて、例えば私は酸味が多めの方がすきなのですがそのことをバッチリ覚えていただいて、どのカクテルもバッチリおいしく仕上げていただいています。お店は確かに若干狭いですが、そんなところもお気に入りの理由です。あと、大好きなJAZZを流していただけるところも。

2002年03月05日 16:23 | 投稿者: 近所の暇人

★★★★★★★★★★
私もお気に入りです。 店内は決して広くはないけれど、暗すぎない暖かい照明や音質重視だけどさりげないサウンドシステムから流れるJAZZ、ナイスです。 なによりも素晴らしいのがマスターS氏の作るカクテル! 私、このお店でオリジナルを作って貰いました。 大好きなモルトを飲むか、カクテルを頼むか、迷った末に結局両方飲んでしまうというのがパターンです。あぁ、家の近所にこんな素敵なお店があって良かった♪

2002年01月20日 10:38 | 投稿者: てっつぉん

★★★★★★
 いや〜やっと行って来ました。ここのお店は常時人が入っているイメージがあり、早めの時間に入店しました。まだ、私ひとりだったのですが、時間を経過するごとにひとり、ふたり。。。やはり人気有ります。 で、店内は狭いんですが、マスターのS氏のトーク、心配りを感じるにはもってこいです。あと一杯一杯にあそこまで丁寧に時間をかけて作るお店はめずらしいと思います。しかもノーチャージ。すばらしいの一言です。

2000年12月07日 00:13 | 投稿者: まゆ

★★★★★★
一ヶ月ぶりくらいで出没しました。マスターと話していたところ、11月の中旬にまさとさんがいらっしゃったとのこと。もー、メールでもしてくださいよ。水臭いなぁ。>まさとさん今日はティオペペ・トニックとフレンチ・コネクションを飲んでおとなしく帰ってきました。フレンチ・コネクションは初めて飲んだのですが、おいしかった。アマレット&ブランデー、こんなふうに合うとは思わなかった。年の瀬の忙しい中、ゆったりと飲んだひとときでした。

2000年03月08日 10:42 | 投稿者: まゆ

★★★★★★
その日は20時くらいに行きました。 獅子座流星群接近ということで23時くらいまでのつもりで。 店内は明るめです。 JazzyaというだけあってJazzも聞きつつ、隣に座った大学生の人を捕まえて(?)話などしながら飲んでいました。 私は酔うとすぐ顔に出ます。 バーテンさんはそんなところも見つつ、チェイサー(水)をすっと出してくれます。 一人でお店をまわしているためか、フードはナッツ類、乾き物以外はなし。 でも、いちじくあり、ピクルスありと、意外なものがあったりします。ほかに何があったかな? 聞いてみるのもおもしろいかも。。コースターは何もプリントされていない白の円形のものです。 接客の合間に丸氷を作る姿も見れます。鮮やかな手つき。 いい音楽と、ときどき寒いバーテンさんのギャグと、 そしてなぜかBGMでひぐらしの鳴き声が耳に心地よいです(私はお気に入りなんです)。 客層は20代から40代後半まで(←私の知る限りであって、たぶんもっと幅があると思う) 不思議といい空間だったりします。 こんなのが飲みたいというリクエストにも応えてくれます。 ゆっくり飲んでいたら、途中から雨になってしまったので、焦って帰りました。 獅子座流星群は結局見れませんでした。 飲んだもの(全てカクテルです。) クロンダイクハイボール ディタグレープトニック オリジナル;カルーア&ベイリーズ&グランマニエ&ウォッカ&ミルクをシェイク(名前は知りません。)

このエントリーのトラックバックURL: http://yokohama.barmeguri.com/mt/mt-tb.cgi/806