横浜バーめぐり Original Blog Version(Powered by Movable Type)
こちらのサイトは筆者による呑み歩きの記録であり、お店のOFFICIALなHPではありません。
横浜以外のBARめぐり
横浜周辺以外のバーの呑み歩きレポート。お店のオフィシャルなHPではありません。
前の店
BAR ON
次の店

ついに銀座へ行きました。まえまえからこの店はチェックしてあって、なかなか入る機会に恵まれなかったのですが、ついにドアを開け中に入りました。ドアはガラス張りで中が丸見え。そう言う意味では入りやすいかも。まっすぐ伸びたカウンターに席は12。テーブル席はありません。マスターが一人だけでやっています。バックバーに見えるボトルは中央に一段だけ。カスクがずらーりと並んでいる。あとは全て棚の中にしまってあり、いったいどれくらいの本数があるのかはまったく見当がつきません。SCAPA(だったかな?)というシングルモルトを頼んだところ、目の前に10本くらい年度別に並べられたことから察するに、相当マニアなボトルまで取り揃えている模様。リキュール類も保存料とかそいういう添加物の一切入っていないものを探しておいてあるらしく、出てくる酒出てくるボトル、まったく見たことの無いものばかり。さすがというか、圧倒されました。
さて、そういうとにかくお酒にこだわりのあるお店で、いきなりソルティードッグを頼んだわけです、いつものように。緊張しました。マジで。するとまず、フレッシュ少な目のアルコールきつめの状態で出されます。そして、「お好みに応じて、調整します。」とのお言葉。こちらのお店では、出されたものを飲んでみて、「もう少し甘く」とか、「もう少しきつく」とか、そういうふうにオーダーすることができるのです。これにはかなりびっくりしました。当然、フレッシュを追加していただきましたが。。
さて、そんなこんなで、新鮮な驚きに満ちた銀座進出でしたが、ぼくの好みはもっとお気楽に飲めるところなので、ちょっと点数は辛めにつけてあります。でもバーとしては一級というか、特級です。誤解のなきよう。

酒と静かに向き合いたい人、酒の世界を開拓したい人。

東京NightOutを見てチェックして行きました。
行き方
中央区銀座7-7-6アスタープラザビル1F

行き方
2002年05月09日 16:24 | 投稿者: 東京@ふる

★★★★
マスターの谷口さんはモルト収集の上で、樽出し(加熱・ろ過無し)にこだわっていらっしゃいます。ちなみに「BAR ON」を「バロン」と続けてしまうお客様も多いとか。(笑)

2000年10月18日 04:33 | 投稿者: SYK

評価は控えます
このバーに行っていきなりカクテルを頼んだあなたはとても勇気があるといえるでしょう。ここのマスターは基本的にはカクテルを作りません。場合によっては作ってくれることもありますが、こちらから具体的にオーダーした事はありません。(と言うより、私は過去6、7回ほどお邪魔した中ではミキシンググラスでステアしているのを一度見たきりです。私の友人はシェイカーを振ってもらった事もあるようですが・・・)酒一つ一つの個性をとても大事になさっている方で、いきなり混ぜてしまったらその酒の持つ本来の味わいが分からなくなってしまう、と言うのがマスターの考え方のようです。(私の想像した範囲ですが・・・)実際、混ぜてしまってはもったいない酒ばかり置いてあります。ウイスキーならまずそのままで飲んでみて、キツイようなら加水する。場合によってはロックやソーダ割にもしてくれるでしょう。リキュールなら甘すぎればレモンを絞ってくれたり強くしたければジンを足してくれる。それぞれの好みに応じて飲みながら味を調整する。それがこのバーでの『カクテル』になるんだと思います。ですから、たとえばリキュールをもらってはじめはストレートで楽しむ。飽きてきたので氷を加えてちょっとレモンを搾ってもらう。氷が溶けてきて水っぽくなってきたのでジンを足してもらう。こんな面倒くさい事を嫌な顔をせず、いえ、むしろ喜んでやって下さいます。私はこの店でお酒の楽しみ方が変わりました。でも、万人受けするバーでないことも確かだと思います。このバーに行かれる方にアドバイスするなら、カクテルはもちろんの事、銘柄を決めてオーダーするのではなく、その時の体調や、食事の前なのか後なのか、後なら何を食べてきたかとか、普段の酒の好み(アルコールの強弱や甘辛など)を伝えてお任せでお酒を出していただいた方が良いです。その方が断然楽しめます。ぜひ、銀座に行かれたら再度チャレンジしていただきたいと思います。

このエントリーのトラックバックURL: http://yokohama.barmeguri.com/mt/mt-tb.cgi/849