横浜バーめぐり Original Blog Version(Powered by Movable Type)
こちらのサイトは筆者による呑み歩きの記録であり、お店のOFFICIALなHPではありません。
横浜以外のBARめぐり
横浜周辺以外のバーの呑み歩きレポート。お店のオフィシャルなHPではありません。
前の店
レモン
次の店

松阪の繁華街は愛宕町にある。少し歩いてみたが、マッサージ店やその他風俗店の呼び込みが通りにいらっしゃるため、あまり店を探してうろうろできない。結局ショットバーらしき店は自力では発見できず、タクシーの運ちゃんが客待ちをしてる列に行って聞きこみ調査。そしてこの店の存在を知ることになったのであった。前置きが長いっすね。(^^;)
愛宕の街中からちょっと外れて商店街の一角。ドアを開け中に入るとカウンター内から「いらしゃいませ」の暖かい感じの声で出迎えてくれる。ご夫妻らしき熟年層のお二人がお店を支える。ご主人はNBA創設より前からバーテンダーの修行を始められたロングキャリアの持ち主である。でもNBAには加盟していないそうだ。それはともかく。。こちらのお店は初心者にやさしい。まずメニューが写真とレシピ入の冊子になってる。バックバーのウィスキーにはショットの値札がついてる。(ちなみに1ショットは通常30ccですがこの店では45ccです。)さらに気軽にというか、マスター自ら率先して無料でテイスティングさせてくれる。うっかりしてるとオーダーしたグラスの脇に、ずらりとテイスティングのショットグラスが並びますよ。それらが全部サービスというから驚きを通り越して恐縮してしまう。カクテルも口に合わないときはキャンセルできる(ほんとっすか?っていうか、恐れ多くて私には一度作ってもらったカクテルをキャンセルなんてできない。)。そんな初心忘れないお店である。そしてマスターおしゃべりが好きな方です。
内装は特にこれと言って特徴はない。ただ、場所柄失礼を承知で書くと、こんなところにこんなお酒が、というような、レアなボトルがバックバーに見うけられます。しかもこんな値段で?という価格表示と共に。え?グレンリベット12yが500円といえばどれほど安いか分かる人には分かるでしょ。
愛宕には他に2軒ほどバーがあるらしいが、今夜はこのお店で充分満足しました。
書き忘れるところでした。ソルティードッグはなにも言わないと、グレープフルーツを丸ごと1個絞るので、フルーティーではありますが、相対的にアルコールは薄くなります。量は大盛りだけどね。それがいやなら次回からはその辺を申告して作ってもらいましょう。


行き方
三重県松阪市平生町28

行き方

このエントリーのトラックバックURL: http://yokohama.barmeguri.com/mt/mt-tb.cgi/930